深夜バスの歴史

レインボーブリッジ

深夜バスは1960年代から始まったとされています。最初は座席も普通の路線バスの座席と同じで長時間乗っているのは大変でした。それでも、当時の深夜バスの値段は列車や航空機を使用するよりは安かった為、利用する人はいたのです。そんな深夜バスの始まりでしたが、1980年代になると、乗客の事を考え、乗りやすく寛ぎやすい深夜バスが普及し始めました。長距離の移動であればあるほど座席のゆとり、座席と座席の間隔、プライバシーを考慮した造りである事はとても大切になってきました。女性一人での利用なら尚更です。乗客の年齢、性別が深夜バスが普及してから段々様々になってきて、バス自体が対応し変革する必要が出てきたのでしょう。

現在の深夜バスは高い値段のバスですと、とても豪華でびっくりします。座席は一人ずつ別になっていて、座り心地も良く、リクライニングも可能であったりします。それだけの機能があれば、深夜という時間にバスという狭い空間で眠りやすくなります。動いて他の人を起こしてしまう事を気にする恐れもなく快適です。バスによってはトイレもついていて、ちょっとしたホテルに泊まりながら移動出来るという様な感覚です。値段とバスの内容は様々有りますので、自分の求める値段と、サービスによって条件に合う深夜バスを利用するのが良いです。私も高校生の頃から数回深夜バスを利用しています。移動に時間は掛かりますが値段の安さには代えられません。