安く旅行をする

混雑するバス

海外旅行をする際に最もお金がかかるのが航空券です。ビジネスクラスで快適な空の旅を満喫したいというセレブな方々以外でしたら、エコノミークラスに乗ることになりますね。 HISなど格安航空券を扱う代理店が出てきたのが20年ほど前でした。HISのおかげで成田からロサンゼルスまでの直行便は新卒の初任給1ヶ月分を大きく割り込んだ金額となりました。通常料金と比較して半額以下で飛べるようになったのです。 最近ではこうした格安航空券とは別の存在としLCCが選択肢に上がるようになりました。格安航空券は通常の航空券が安くなったもの。これに対してLCCは元々安いのです。羽田から香港のような近距離便が中心になりますが、価格はまるで深夜バスなみです。LCC航空会社がどんどん日本に参入したこともあり価格競争によりますます安くなっています。

世界的に有名なLCCにジェットエアーがあります。日本にも既に進出しています。アジア圏であればトップクラスの価格競争力を有した航空会社です。 残念なことに今までは日本発のフライトは国内線のみで、海外には飛べませんでした。それが今年の2月から海外便も飛ぶようになりました。 しかも成田空港からも羽田空港からも飛んでいるので、他のLCCにありがちな空港に行くまでが遠いということもありません。ちなみにLCCが発着出来る空港が不便な場所にあるのは、そうした方が空港使用料が安く済むからです。実際には空港からの移動の時間と費用も計算に入れないと、格安航空券だからといっても、トータルで得をしているのか分からないので注意が必要です。 ジェットエアーも加わりますます日本の空が安くなります。三連休に気軽にアジアに遊びにいくのもありですね。